頬骨の整形を行って世界が変わりました

自分の顔に自信が持てました

小さな顔になりたかった頬骨を削る整形にチャレンジ自分の顔に自信が持てました

その日はそのまま入院し、翌日退院しましたが、しばらくは顔の腫れが目立っていました。
予定のない夏休みに実施したので問題はありませんでしたが、腫れや赤みが治るまでには結構な日数がかかったのです。
新学期が始まる頃にも若干手術の痕跡が目立ってしまうような状況でしたが、何とか学校に行くことができました。
少しの間はそのままの状態でしたが、傷も目立たない自然な状態になっていったので良かったです。
整形を行ったので周囲の反応が怖かったのですが、思ったよりも批判的な意見はありませんでした。
わざわざ整形するなんてあり得ないなどと言ってくる人もいましたが、仲の良い友達はもっと可愛くなった、成功して良かったなどと言ってくれたのです。
とても嬉しかったですし、自分に自信が持てるようになりました。
顔が大きいことで恥ずかしく思っていた間はオシャレなども諦めていたのですが、整形後はオシャレにも目覚めました。
友達と一緒に買い物に行き、女の子らしい可愛い服を選んでもらったり、メイクを教えてもらったりもしたのです。
頬骨のせいで自信がなかった自分とはかなり変わることができました。
世界がパッと明るくなったように変化が訪れた気がします。
頬骨の整形を行うときには怖い気持ちもありましたが、結果としてやって良かったという気持ちを持っています。
施術を受けていなければ今でも自分に自信が持てないままだったと思うので、勇気を出して頬骨を削る手術を行って良かったです。