頬骨の整形を行って世界が変わりました

頬骨を削る整形にチャレンジ

小さな顔になりたかった頬骨を削る整形にチャレンジ自分の顔に自信が持てました

両親が半額支払ってくれるということだったので、その言葉に甘えて大学3年生の夏休みに手術を行うことにしたのです。
母親がカウンセリングに同席してくれたので、スムーズに話を進めることができました。
詳しい内容を聞いても施術を受けたいという気持ちは変わらなかったので、その場で手術日まで決め、本当に頬骨を削る整形を行うことにしたのです。
正直なところ、手術を受けることに対する強い恐怖はありました。
今までに手術をしたことは1度もありませんし、記憶にある範囲で入院したこともありません。
この手術を行うときには入院を行う必要もあるということで、何もかも初体験なので怖さがありました。
いよいよ迎えた手術日はとても緊張していました。
けれども、全身麻酔を行ったので施術中のことは覚えていません。
3時間ほどの施術だったようですが、麻酔が効いてからは眠ってしまい、次に起きたのは完全に手術が終わった後でした。